いいもの・美味しいもの・ネットショップ「よかもん百選」
トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報お問い合わせよかもん・うまかもん市カートの中
「よかもん百選」ご推奨品

 プリンタの知識と選び方

プリンタの選び方指南

いいプリンタの選び方の秘訣は、自分(会社)の目的にあったプリンタをえらぶことです。プリンタの種類によって特性がありますので、目的を明確にすることが重要です。
プリンタの種類や選ぶ際のチェックポイントをあげましたので、「いいプリンタ」の購入にお役に立てれば幸いです。

プリンタの種類と特徴

プリンタには、出力形式から@インクジェットプリンタAレーザープリンタB昇華型(熱転写)プリンタCドットプリンタがあります。それぞれの特徴をご理解され、自分(会社)の目的によって、選択されることをお奨めいたします。プリンタ種類ごとに、「特徴」と「印刷スピード(速さ)」「カラー印刷」「複写印刷」可否(○×)の一覧を作成しました。

種類

特徴

速さ

カラー

複写

インクジェットプリンタ

インクジェット

小さなノズルからインクを吹き付けて印刷します。入インクの噴出方法によってインクジェット、バブルジェットに分けられます。各メーカーとも比較的廉価な製品を出しており、パーソナル用が急速な勢いで普及しています。 最近では写真画質に迫る品質をA4用紙に出力できるものも多くなっており、会社でも、セカンドプリンタとして利用されます。

普通

×

レーザープリンタ

レーザー

光ドラムにレーザ光線で画像を照射し、静電気を利用してドラムにトナーを付着させ、紙に転写します。処理が高速で品質の良い印刷が可能で、ビジネスユースを中心に普及しています。 最近は、カラーレーザープリンタをネットワークで共有して利用されることが多いようです。

速い

×

熱転写(昇華)型プリンタ

昇華型(熱転写)

インクリボン(テープ)の固体個体インクを熱で昇華(蒸発)させ、用紙に付着させます。動作音が静かで小型化しやすく、主にフォトプリンターで用いられています。ランニングコストがかさみます。

速い

×

ドットインパクトプリンタ

ドットインパクト

インクを染み込ませたリボンに圧力を加えて、ドット(点)で描く方式。宅配伝票や請求書など複写用紙に印刷できる方式です。印刷時に騒音がありオフィスユースが主流です。もともと解像度が低いため、あまりきれいな印刷は期待できません。業務用帳票類(ノーカーボン紙)の印刷専用と考えたほうがよいでしょう。

遅い

×

 

プリンタの機能と選択のポイント

いいプリンタを選択するポイントは、目的によって違いがありますが、まず、1・カラー 2・モノクロを対応が必要か?配伝票や請求書など複写用紙に印刷する必要があるかにかかってきます。下記順次チェックしていくと、キット後悔しないプリンタ選びができるはずです。

チェックポイント

ご説明

印刷解像度(dpi)

dpiはDot Per Inchの略で、1インチ(約2.5cm)中に何粒のインク粒子を出力できるかを示しています。この値が大きいほど、高品質で印刷できます。

インクの色数

主にインクジェット方式の話となりますが、独立型は各色のタンク(カートリッジ)が別々になっていて、足りなくなった色だけ交換するのでコストパフォーマンスに優れまています。
色数については、基本「青・赤・黄」の3色を組み合わせて色を表現します。これに加えて、黒が独立していれば4色となります。写真印刷が中心など
より高品質を求める場合には5色、6色の機種を購入ください。

メモリーカード

プリンターにメモリースティックやSDメモリカードなどのカードスロット(差込口)を搭載し、パソコンを介さずに直接プリントできるタイプがあります。
お使いのデジカメや携帯電話で利用している外部メモリカードがあれば、こちらも対応できるかをチェックしておくと良いでしょう。

液晶画面

パソコンを介さずに印刷する場合、液晶画面付きのモデルを選ぶと、印刷するデータを確認したり、焼き増しするデータを選ぶのにとても便利です。

CD/DVDのラベル印刷

写真や動画などのデータをCDやDVDなどに自分で焼き付けて保存する人も多くなりました。専用トレイなどを用いて、ラベル面などにオリジナルデザインや文字などを直接プリントできて便利です。

フチナシ印刷

用紙の端まで印刷することが可能なモデルです。最近の写真品質で出力できるプリンターならほとんどが備えています。

用紙サイズ

プリンターを仕事でも使うのであれば、A3対応があると便利です。ドットインパクトプリンタでは、同じA3でも印字幅が違うので注意が必要です。

本体サイズ

設置予定の場所と本体サイズについて再確認してください。給紙口が背面についていると、意外と設置場所を取ります。ご注意ください。

消耗品

安いからといって古いタイプを選ぶと、インクカートリッジなどの消耗品が入手困難になります。家庭用途のプリンタであれば、予算の範囲内でできるだけ新しいもののご購入をおすすめします。

堅牢さ

最近のプリンタは価格が安くなり、故障が非常に多くなっています。販売員などに聞いて、壊れにくいプリンタが「いいプリンタ」です。一般的にメカニックが複雑で多機能なものは、ヤハリ故障しやすいです。ビジネスには、少し予算多めのプリンタをお選びください。

最後に、ビジネスス利用でレーザー(モノクロ・カラー)プリンタを導入するときは、「保守契約」キットをご検討ください。訪問・修理費が、固定金額で無料で、何回でも利用できます。レーザープリンタは、一般的に重量があり「持込修理」は不可能と考えたほうがよいでしょう。

商品検索
キーワード    価格範囲 円〜